スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の格闘技

ども。
結構前の話題になりますが、今回は3月に開催されたUFC日本大会のお話☆

もう何だか、随分と久方ぶりに地上波でMMAの興行を観た気がしますが
取りあえず、ランペイジと岡見選手は双方ともに非常に意義のある一番だったのに残念な結果に終わってしまいました……OTZ
特に岡見選手は2Rまでは完全にペースを取っていたのに……
近年のUFCであそこまで見事な逆転負けは珍しい気がします……

対して、現時点の和製MMAファイターで最も完成度の高い選手……
“修斗の申し子”こと日沖発の試合は、正にパーフェクトゲームでしたね♪
や、ジャブと前蹴りだけであそこまで主導権を取れるものなのか?
私服で歩いていると、パッと見 気の弱そうなヒョロい兄ちゃんにしか見えないのですが…(^_^;)
いざ試合になるとプレッシャーの強い強打者相手にも全く臆する事なくクレバーに試合を進めて行く様は、正にスポーツ化が進んだ近代のMMAを象徴する様な選手ですね♪
これだけの実績と実力があれば、マジで年内のタイトル挑戦もあるんじゃなかろーか?と期待してしまいます♪


んで、
話は飛んで、4月22日の“青木×アルバレス”の感想なぞ……。

結果だけ見ると、青木選手の1RTKO負け。しかも審判がセコンドからのタオル投入に気付かず、ストップが遅れて結構な数のパウンドを貰ってしまいダメージが心配……(;_;)
という自分的にはテンションだだ下がりの内容でしたが……

それでも、青木選手の取った選択に間違いは無かったと信じたいです。
青木当人も「現在の世界標準になっているMMAルール下で、今までの自分のファイトスタイルでは、せいぜいトップ10止まりでしかいられない。」と、言っている様に
徹底して組ませてもらえない相手に対して、ある程度のプレッシャーをかけられる打撃力というのは確かに必須だったのでしょう。
実際、今回のアルバレス戦も打ち合いを避けテイクダウンのみを狙いにいっていたら、結局 去年のメレンデス戦の二の舞になっていたでしょうし……

青木選手自身の打撃力は確実に向上しています。今回の試合中にアルバレスも多少は面食らう所はあったんじゃないかなあと……
それであの結果だったのですから、これはもう単純に今回は相手が悪かったと思うしか無いですね……(;_;)

まあ、そんな感じでつらつらと駄文を綴ってきましたが
取りあえず、青木にしろ日沖にしろ、日本人MMA選手の技術論は非常に独創的で優れているものが多いので、まだまだ日本のファンにも夢を見せてくれると信じていますです(^_^;)

ではまた……。


スポンサーサイト

テーマ : 格闘技 - ジャンル : スポーツ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

まとめtyaiました【最近の格闘技】

ども。 結構前の話題になりますが、今回は3月に開催されたUFC日本大会のお話☆ もう何だか、随分と久方ぶりに地上波でMMAの興行を観た気がしますが 取りあえず、ランペイジと岡見選手は双方ともに非常に意義のある一番だったのに残念な結果に終わってしまいました...
プロフィール

エンマコオロギ

Author:エンマコオロギ
 

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。